四十九日

2年ぶりのブログ更新になります。
に、2年ぶりのブログ更新になります!??!
ツイッターランドの方では動向をご報告していたに関わらず本懐であるブログを疎かにして忍びねぇ^O;
当時色々あった…色々あったし顔を出さない空白期間に人生の転機を迎えた…その辺はまた機会があれば言及します(しなそう)
今回筆を執ったのは、私にとって大事な2つの存在に対する気持ちを綴っておきたかったからです。

去る2017年12月18日、7年7ヶ月一緒に暮らしていたチャンドルと、そしてSHINeeのジョンヒョンが永眠しました。

ジョンヒョンの訃報を知ったのは仕事終わり、上司と一緒に回転ずしの順番を待っている時のことでした。
今まで出会ったシャイニ友達の中でも特別な深い縁のある日本人と韓国人の2人からのLINEで事実を知りました。
あまりに現実感がなすぎて「二次元じゃなくても推しって死ぬことあるんだ」なんて思ったりしました。

混乱した感情を抱いたまま帰宅した私を迎えたのは、水槽の中で命が果てたチャンドルでした。
チャンドルは12月に入って餌を食べてもすぐに吐き出してしまったり、外鰓から出血してしまったり、不意に身悶えるように激しく動いたりと、徐々に弱っていく姿を目の当たりにしていたので少しずつ最期を看取る心の準備をしていました。
それでも、もう生命が尽きた体を見ると、7年間の思い出が脳裏に浮かび涙が溢れました。

2010年5月6日。ペットショップでお迎えして、水の入ったビニール袋の中で泳ぐ小さな小さなチャンドルを膝の上に乗せ、友人の運転する車の中で買ったばかりの『2009, Year Of Us』のライセンス盤を聞きながら「SHINeeって言うんだけど良くない?」なんて薦めていたのがまるで昨日のことのように思い出せます。
幼い頃は毎日給餌が必要だったけど、大人になってからは数日に1回の給餌で良くて、1週間に1回水槽の水替えをすればいいだけの手のかからないコだった。SHINeeの公演のために日本各地やアジア遠征をするために数日家を空けてもなんの心配もいらない、うってつけの愛らしいコでした。
どんどんSHINeeを好きになって、その傍らで仕事のキャリアも積んで(二の次)、様々なターニングポイントを迎えて、そんな私の7年間のどんな場面でも傍にいてくれました。
真夜中に電気をつけて活動しても、真昼間でもカーテンを引いて眠りこけても、餌をあげる時間がまちまちでも、水槽の中で悠遊泳いで文句ひとつ発さなかったチャンドル。
SW2台湾遠征した時に節電のためにコンセントを抜いて家を出た時にエアーフィルターのコンセントの抜いちゃって、帰宅したら瀕死のチャンドルが水槽で必死に呼吸してたこともあったね;;
出血した後自然の流れに任せるべきか散々悩んだけど、飼い主のエゴかと迷いながらも動物病院に相談し、慣れない手つきでスポイトで与薬したりもしました。
決して優等生のいい飼い主ではなかったと思うけど、そんな私と飼い始めた当初は想像もしなかった長い年月を過ごしてくれて、そしていつでも癒してくれて本当に本当にありがとう。これ以上ないくらい幸せな毎日だったよ。
ウーパールーパーを手で触ると火傷させたり皮膚を傷つけてしまう可能性があったから引越しの時くらいしか触らなかったけど、最後水槽から出した後に今までできなかった分めいっぱい撫でてあげられて良かった。

翌12月19日、ペットの火葬場でご焼香して最後のお別れを済ませました。
空が青く澄みきって陽もあたたかくて、悲しみとは対照的に背中を押してくれるような爽やかな冬の日だったのが今でも印象的。
斎場間近で丁度White T-Shirtが耳から流れていたので、その時の光景が音楽と共に焼きついて今も曲を聴くと感情がこみ上げます。

私は仕事で救命分野に携わっています。
病でやむなく死を迎える人だけでなく、自ら死を選ぶ方と向き合う機会も少なくありません。
自殺を試みたのに一命を取り留めて望まぬ生に苦しんだり、後遺症を残した本人に絶望する周囲の人々の姿も見てきたので、「ジョンヒョンが逝きたいままに逝けてよかったね」という思いもあります。
しかし四十九日という日を迎えて尚、今回の出来事を享受するにはまだまだ時間がかかりそうです。
彼の人生も感情も推し量ることはできないし、悲嘆する人々の悲しみの深さも、そしてこれからのことも…

一つの区切りとして、思いをまとめるきっかけになればと書き始めたもののやはりままならないものですね。
今日と言う日に記事を上げたいので、一旦ここで終わろうと思います。
また時間を見つけてジョンヒョンとの楽しい思い出(と言う名のファンサ)を追記したいと思います。
では、では。


スポンサーサイト

<THE AGIT>THE STORY by JONGHYUN 10/3 16時回の思い出

<THE AGIT>THE STORY by JONGHYUN 'EPILOGUE'ライブ・ビューイング決定!
ジョンヒョンすごい!おめでとう!!
ということでジョンペンでもないのにジョンソロコンに行った後ろめたさから当初は事実を伏せてたんですが、ライビュ決まったしもういいかな!て完全ノリで上げます^▽^
レポではなくただの感想文なので適当に流し読む程度で~



<THE AGIT>THE STORY by JONGHYUN
2015年10月3日(土)
OPEN 15:00/START 16:00



まず登場したジョンヒョンは前髪を下して片側に流し耳にかけるイケワンコ極まりない髪型。
黒トップスにグレーのジャケットを羽織り、中にはHallelujah衣装の白色の布を襷がけ。襷の先は膝くらいまで伸びてて、且つジャケットで押さえ込まれてるからほぼお尻の中心の延長線上にぶら下がってて…

え!!!尻尾じゃん!!!
犬の尻尾もどきじゃん!!!!!!!

奇遇にも出国前にジョンヒョンに犬耳と犬尻尾が生えたら…と現を抜かしてた私は動揺を隠せませんでした(どういうことなの)(病気です)(よく効くお薬処方しておきますね)

1曲目のDeja-Booを踊りつつ揺れる襷、ジョンヒョンに尻尾が生えた暁にはこのように躍動するんだととても勉強になりました(?)
サイドの壁にも映像が投影されるんですが、私は下手の1番端の席だったのでペーパークラフトがパタパタと手前に倒れてくるような映像の臨場感が凄すぎて思わず避けたくなる程でした。KOWAI

2曲目のHallelujahを踊り始めてからもとにかくエロい。
ソロコンでやる気に満ち溢れているジョンヒョンさんの本気のダンス、本気の腰遣い、エロい。エロい(大事なことなので3度言いました)

別曲で女性ダンサーさんがジョンヒョンの肩に掛けた手を引き抜く際に、ジョンペンの聖地として名を馳せる後頭部を掠めて髪がふわあってなったのドキドキしました。
ジョンヒョン自身が我関さなかったのもまた良い。

初日にはなかったという海外のファンは韓国語で話すから分からないことあるかもしれないけど心は一緒だからついてきてね的MC&両サイドスクリーン表示、海外ペンに対し真っ先に「ㅎㅅㅎこんにちは」て挨拶する君はプロフィールの特技から早急に中国語を外すべきだと思うんだ(そして日本語と入れ替えるべきだと思うんだ)
終盤で感謝を伝える時も「ㅎㅅㅎありがとう」が1番に出たわけだけどThank youより先に「ㅎㅅㅎコップンカ~」が出たのには先生驚いた。バンコク公演の甲斐あったねd(^O^)bしかしあの場にタイ人シャウォルがいたかと言うとう~~~~~~ん???

そうそう犬尻尾の一見があったからフェイクや長い声は全部遠吠えにしか聞こえなかったよ!いい声で鳴くワンちゃんですね(違う)

Play Boy~No More~Red Candleのジョンヒョンプロデュース曲がめっちゃツボで!!すごく好き!!だがしかし!!夜勤明けで殆ど眠らず渡韓した私にCOEX theaterの座り心地極上の椅子はベッド同然…そう…めっちゃ寝た……マヂ…すまん……いい曲!!!!!………スヤァ…て眠りの淵から急降下して再び瞼を開けることが叶わなかった…後悔しかない………大口開けて天を仰いで寝て自分の涎でムセて起きた
ちなみに終盤の산하엽の演出もすごくいいって聞いてて絶対起きてようと思ったけど미안해のスモーク焚かれた中にライト浴びて歌うジョンヒョンがすごく綺麗だったからこの曲がきっとそうだ!!て思って聴き終えたと同時に微睡に身を委ねて……サビで起きてスクリーンに透明な花弁が映ってるの見て全てを察した(悟)
そう、根本的にアルバム未聴でいったのが敗因だった。でもラルカジノでラルク熱に身を焼かれてたからどうにも無理だった!(開き直り)その教訓は三浦大知FEVERで生かしてちゃんと聞き込んで行ってトランポリンでクッッッソ笑ったよ(^-^)

幕間映像、そんなに作り込んで来ると思ってなかったんだけどこれがもうジョンペン流涎モノで!勿体無い!映像化すればいいのに!目も当てられなかったです!(褒めてる)
いもたんとマッドマックス4DX観に行った時に解説してレポ絵描いてもらいました。

CSd9afjUEAARMfW.png

CSd9agJU8AErTaz.png

寝間着のハーフパンツを穿いてなかったら100点、穿いてるのをシーツで隠してはぐらかし続ける映像に仕上げても100点でした。ハーフパンツばればれ演出にしたので65点でしたね。

黒シャツ赤ベスト赤ズボンというスーツスタイルで登壇したジョンヒョンがジャケット羽織ろうとして右腕は上手く通せたけど左腕は袖口探せなくてまごついて照れ笑いしつつなんとか着衣した後に両袖口を各指先で押さえてピンッて伸ばして調整してたの可愛かった…多分普段そうやて左右のバランス合わせてるんだね…素が覗いててとても良かったです…その後も袖いじいじしててAB型のこだわりを垣間見た気がします

CSdymyOU8AEJG_6.png

本編ラストのCrazyの盛り上がり部分で両耳のイヤモニをコードごと引き千切るようにしてはずし、姿勢を低くしてから舌で上唇をベロリと左から右にひと舐めして上目遣いで睨みつける。
ッアーーーーーー\(^O^)/ワンコの発情k

バンドメンバー紹介でキーボードを紹介した時だけ一緒にたどたどしく鍵盤を弾く真似をしながら「ㅎㅅㅎむぅ?うまくできない…」という風に困惑した素振りを魅せるジョンヒョン。
ヒュウ!流石あざドルの名を欲しいままにする男!おれたちにできないことを平然とやってのけるッ

U & Iでcall&responseを過剰に求めるジョンヒョン。
1階席、2階席、全体、左右、兎に角何度も何度も繰り返す。正直くどい。なんなの?そんなにファンとの繋がりを再認識したいの?寂しがりなの?首を前後してリズムをとりながらresponseを求める動きが昼間公園で見た鳩が歩く時の首の動きとリンクして、ジョンヒョンは鳩の生き写しなのかなってレベルでした。
グッズのカズー(楽器)を用いてもcall&response。マイクを添えて音を拾いながらビブラートかけて技巧見せつけるジョンヒョンは間違いなくカズーの伝道師でした。ドヤ顔ヤメテ

ジョンヒョン以外の要素として、1時のロゴソングを歌った時のドラムとベースのリズム隊の速弾きがめためた格好良かったです!!!!!


2015 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with SHINeeレポ

SHINeeが東方神起に次いで新羅免税店の広告塔に決まった時から、ファンミーティングの類が開催された暁には社会人ヲタとしてどんなぼったくりであろうと参加したい!!免税店イベントのお仕事を嫌々やるSHINeeが見たい!!と意気込んでおりました^▽^

というワケで行ってきました~☆(軽率)

そして今回のレポは主観が入りまくった結果毒となっているかもしれない。disるつもりはないんですが結果的にそうなっているかもしれず、気分を害する方がいるかもしれません。
なので好意的な意見だけを求めている方はこの先は読まないことをオススメします。
大丈夫だよ~構わないよ~何言ってても平気だよ~という海のように心の広い方だけ続きを読む」をクリックして読み進めてください。

続きを読む

プロフィール

BARBARA

Author:BARBARA
SHINeeに絶対の愛を、yukihiro(acid android/L'Arc~en~ciel)には永遠の愛を、ウーパールーパーのチャンドルには無償の愛を。
(⌒▽⌒)(δvδ)(ㅎㅅㅎ)(ㅍ▽ㅍ)(`ヮ´)
(*゚ー゚)(∂∀6)(・ω・)(冫、)
++(・ー・)++

※当ブログの掲載データの肖像権・著作権は全て各著作権元に帰属し、権利を侵害するものではありません。
※写真の出処は写真内に記載。
※一部記事には鍵をつけさせて頂いています。

Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク