スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Driver's High:JONGHYUN

TOUR中からしたくてしたくウズウズしてたジョンヒョンが歌うDriver's Highの分析に踏み切りますo('▽')o
広島レポを優先したい気持ちもあるんだけど、ラルヲタ的にこの上ない美味しいネタにもう黙ってることなんてできない!!
ジョンヒョンの一挙手一投足を取り上げさせて頂きます|∀6)冫、)ー゚)ω・)

「(∂∀6)10代の頃に聴いてた音楽っていうのは、今聴いてるどんなに高度な音楽でもってしても超えることはできない。その当時音楽を聴いて受けた感動だったり衝撃っていうのは、今どんないい音楽があっても超えることは本当にむずかしい(出典:ラルク名言bot)」

きっとジョンヒョンにとってはDriver's Highがそれなんだろうなぁ…なんて、欲目?ㅋㅋㅋ

607817756_convert_20120711035956.jpg
(jonghydeついったアイコンまとめ drawn byとろ fabricated byBARBARA)

DH black DH white
(jonghydeチロルパッケージ created by BARBARA)



イントロ時の照明
エンジン音に合わせてメーターのように赤と青の照明が点灯しますが、あれも実際にラルクがLIVEでやっている演出です(ライトの色は赤青じゃないけど)
つまりジョンヒョンがそこまでこだわって演出側に意見しているか、もしくは舞台監督がラルヲタかのどちらか…どっちでもオイシイ^ρ^

登壇時のペットボトル芸
ソロ3人分の時間的猶予にも関わらずペットボトルを指ピロピロさせながら飲んだり口で蓋開けてプッて吹き飛ばしたりペットボトルパフォーマンスをするジョンヒョン。
水分補給はあくまでオマケであり「'‥'ペットボトルでワイルドに水分補給するRockな俺」を演出することが真の目的だということが推し量れます。

スタンドマイクとの戯れ
センターに到着したらマイクスタンドにしなだれかかったりマイクを掴んで揺らしたり更にRockっぷりを重ねます。イントロの音に合わせて動かすのも常套手段です。
いつかの公演でネジがゆるんでたスタンドを締めながらノるジョンヒョンを見た時思わず「抱いて…ッ!」て思いました(ヤメロ)(ヤメル)

マイクの持ち手を回転させる
これはTOUR前半戦によく見られた仕草です。
Driver's High以外でも見られた仕草ですが、チャラいな~チャラさ倍増すんな~て思いながら見てたらまさかのhydeさんも同じことしてた(!)
果たしてそこまで真似っこだったかはわかりませんが、興奮しますね…次いでテミンが同じ動作をしてたのがまた厨二考察を深めますね(ゴクリ

('_‥')行くじぇー!
この煽りでシャイニペンの方々は一気にボルテージが上がったのではないでしょうか。
ショタジョンヒョン最強…!

hydeの歌い方の模倣
これは自分がラルヲタだから自意識過剰なのかなって思ったけど、ジョンペンさん数名に聞いても同じ答えが返ってきたので間違いないでしょう!
ジョンヒョンの折角の歌唱力が…歌い方が…て嘆きの声もあるかと思いますが、個人的にはそこまでオマージュするジョンヒョンのラルヲタっぷりに感極まります!!

「不思議なほど」でこめかみの部分で指をグルグル「ハイな気分」で手を上方に掲げる
「不思議」「ハイ」をジェスチャーで表すジョンヒョン。
ひゃだあのコ歌詞の意味解って歌ってる!!!(注:ソロ曲に取り上げるぐらいだから当然です)

「目の前にはミサイルの雨」で目潰しした後に天を指す
ジョンヒョンは自分を目潰し(違)してからそのままピースサインを水平に前方に手を伸ばすけど、hydeさんは額に手をかざして遠くを覗き込むようなジェスチャーをします。だから見る度「おいミサイルの雨まじで眼前だな浴びて死ぬぞ」て思ってました^▽^
これは私が見た限り全公演でやってましたが、その都度「正直ダs(ry」て思ってました^▽^

地名を叫ぶ
LIVE中hydeさんも合間を縫って地名を叫ぶ傾向にあります。つまりジョンヒョンはラルクのLIVEに行ったことあるかLIVE DVD持ってるか…!(両者希望)

ステージから伸びる上手花道に歩く
これは間違いなくラルクのオマージュです。
てゆうか個人的にはコレが本当にジョンヒョンがやりたかった演出なんじゃないかって思ってる。だって花道に行くのに憧れるジョンヒョンとか可愛いじゃねーの…ッ!
SHINeeだとダンスパフォーマンスあるから曲中に単独で花道先端まで行くとかないし、花道先端でファンと戯れるとか通常曲では成し得ないし(※但しBodyguardは除く)
1回後ろ歩きの最中に尻餅ついたのもイイ思い出ですね!

ギター・ベースと絡む
これはバンドならではというか…楽器隊の腕前はともかくとして…相手がkenちゃんやteちゃんだったらちょうテンション上がるのに…!(失われる趣旨)
最初はベースと絡むだけだったジョンも後半戦では下手にいるギターのところまで行ってギターとも絡んでましたね!
ギターソロの「'‥'ギター!」はいつ聞いてもダs(ryって思ってました!^▽^
そしてドラムのことも忘れないで…!とユキマニは思うのでした(冫、)

Clash!Flash!Yeah!で拳を突き上げてジャンプ
他ならぬジョンヒョン本人がサビ部分でドラハイのお約束である『拳を突き上げてジャンプ』をやってるのが彼のラルヲタ(しかもガチ)っぷりを物語っていてTT
クルンッて回転しながら言ってる時もあったけどそれもhydeさんもやる動作だからああああああTTTT
私事ですがこれについて
【ジョンヒョンソロDriver's High応援方法】サビの「Clash!」「Flash!」「Yeah!」でペンラを天に向かって突き上げればOK'‥'同時にジャンプすれば無敵、掛け声すれば最強です。わからない人はジョンの動きを真似すればケンチャナ!
てTOUR中total3回拡散出して、全部合わせたら500RT以上してもらったハズTT
シャイニコンの会場がラルクLIVE同様の盛り上がりを見せたらラルヲタジョンとしてこの上なく嬉しいんじゃないかな?て思って差し出がましい真似に出たけど、皆様すごく好意的なリプ(「ノリ方わかって嬉しいです!」「次のコンサートでやります!」「実践しました!」等々)をくださって;ω;;;;ぶわあああああってなりました。その節はありがとうございました!!!!(とここで言っても)
あとジョンヒョンがバンド時代カヴァーした説を推す私としては、ジョンヒョンはベースだったからメロディラインを奏でる難解なコードに葛藤する学生ジョンヒョンまじショt…じゃなくて、tetsuyaが担っていたコーラスをジョンヒョンが担っていたワケだからClash!Flash!Yeah!の部分はジョンヒョン的に見せ場でもありかなりテンションが上がる箇所なのではと睨んでいます。
あの美声でコーラス…そりゃSMにスカウトされるわ!

Yeah…Yeah…Yeah…ていうエコー
こwwwwれwwwwねwwwww
名古屋から音量が増したこの演出ですが、一体誰が言い出したのwwwwwwwww
蛇足ってこういうことを言うのかぁ…て遠い目で思いを馳せちゃいました(=ω=)

ギターソロ中にジャケットを脱ぐ
TOUR前半は早々にジャケットを脱いでアンプによっかかって歌ってましたが、後半はギターと戯れるようになったので脱ぐタイミングも遅くなっていきました。
まぁインナーがまさかの金太郎タンクトップ?よだれかけタンクトップ?とにかくジョンヒョンの魅力を際立たせる側面露出型タンクトップだったので、脱衣のターンがあるという演出に拍手喝采を送りたいです!

「駆け出して!」でサブステに向かって駆け出す
hydeさんには出来ない芸当です。
hyde(43)もう若くないから…昨今「もう数えるくらいで~駆け出して!」はファンに合唱させてるから…(∂Д6)
簡単なように見えて音程も高くなる部分だから疾走しながら歌うの凄いことだと思う!

上手花道・下手花道を縦横無尽に駆ける
TOUR終盤から始まった演出ですね。自ら体力を削り取ってゆく姿は見ていて涙を誘いました。歌詞の飛ぶ回数も比例して増えて行きましたねwwww

「来世でまた会おう」でバイバイ
歌詞をなぞった行為ともとれますがhydeさんもやるのでオマージュともとれます。
バイバイするジョンヒョンがまた可愛いんだ…ッ!
個人的に「さぁ手を伸ばして!」でジョンヒョンも手を伸ばしてくれたら100点満点中120点だったのにって勝手に悔しがってます((└(:3」┌)┘))地団駄

タンクトップの裾で汗を拭う
ラスト3公演にして見せつけた新技です。顔の汗を拭くことで歪めた表情もアッピールできるし、もれなく腹筋も御開帳できるし、ジョンヒョンにとってもペンにとっても利害一致の何物でも無い新技でした。

('_‥')もういっかぁーい!
物議を醸したコレです。
多分同じ旋律を繰り返すことからやはりベースでカヴァーしてたバンド時代の名残で、ジョンヒョン自身がそう言って煽っていたんじゃないかという推測をしているんですが…真相は闇の中…

最後の決めポーズ
ピースだったりダブルピースだったり敬礼だったり笑顔だったりお手上げってしたりバリエーション豊富だった気がします!
だがしかしオーラスにタンクトップを脱ぐという偉業を成し遂げたので全部それに掻っ攫われた気がします!!

NO中敷き
身長までhydeに近づこうとするなんて…ここまでくると涙ぐましいです;ω;;;ぶわわっ
いや真相は走る時に妨げにならないように中敷き抜いただけだろうけど…夢を見させてください(ナンノ^ρ^



カヴァーするならもっとhydeさんの叙情的且つ抽象的な美しい日本語の曲を選んでくれればよかったのに><ドラハイとか第三者が聴いたら「hydeさん朝の4時くらいにこの歌詞思いついたのかな…深夜Magicコエーな」て受け取るような歌詞だよバカバカ><
て思ったんですけど、ジョンヒョンがラルクを歌うというこの上ない俺得展開に改めて感謝しなきゃな!と思います。

振り返ると
福岡(ジョン)→札幌(ジョン)→名古屋×3(ジョン)→大阪(ジョン)→横浜×2(ラルク)→大阪(ジョン)→国立(ラルク)→代々木×4(ジョン)→広島×2(ジョン)
と、ジョンとラルクのDriver's Highをオンタイムで交互に聴けたのは稀少な体験だよなぁ.。+*✝参戦回数とかチケ代幾らかけてんだよとかキニシナイキニシナイ!!!!!
正直代々木からソロ曲変更で最後までいくと思ったから、復活そしてオーラスまでの継続は嬉しかった…演出家の意図か本人達の希望かは定かじゃないけど心から感謝致しますTTTTTTT
ヘヤと対照的なアップテンポな曲だったからこそ、ジョンヒョンの情熱と冷静の二面性を引き出せたのではないでしょうか(何様)

そして肝心の歌詞ですが、一見浮かれた描写なんですが実は深ーーーい意味の込められた作品なので、それについてはラルヲタ見解を折り畳んでおきます。
興味のある方は「続きを読む」をクリックしてください。
ちなみに今までのイメージが一変するぐらいには衝撃的内容だと思うので、読むならばそれなりの覚悟で臨んで頂いた方がよいかと思います。

\('_‥')多分この記事/

/加筆・修正を繰り返す(∂∀6)\



ラルヲタの間では割と浸透している事実ですが、Driver's Highは
神風特攻隊
のことを歌っています。

暗い話題になりますが突き進みますね。

神風特攻隊を一言で説明すると戦死を前提とした自爆攻撃。
爆弾を積んだ戦闘機で、乗組員ごと敵艦船に体当たりして自爆する戦法です。
太平洋戦争末期(1944年10月下旬~1945年8月15日までの約10ヶ月)行われ、部隊は丁度ジョンヒョンぐらいの年齢(二十歳前後)の青年達で編成されていました。

歌詞はこちら(∂∀6)つ Driver's High/L'Arc~en~Ciel うたまっぷ.comに飛びます。 

まず皆さんも聴いていて違和感を覚えるであろう描写が幾つかありますが、これをnot車but戦闘機で考えると驚く程に合致します。

熱くなった銀のメタリックハート…戦闘機の機体
砂埃を巻き上げて行こう…離陸までの過程。ただこの描写は車でも相違ないですね。
鋼の翼で…戦闘機の翼部分
大気圏を突破しようぜ…実際大気圏に突入するのは宇宙船レベルの話になりますが、地上ではなく空での出来事を描いていることが明白になります。

次に自爆についての描写です。

導火線に火をつけてあげる…自爆に向けたカウントダウンの始まり。
目の前にはミサイルの雨…ミサイル攻撃を縫うようにして敵艦隊につっこんでいく状況。
街を追い越して この世の果てまで ぶっ飛ばして心中しよう さぁ手を伸ばして!この世の果て=あの世。心中という直接的な単語も使われています。
Woh! Clash! Into the rolling morning…意訳すると「衝突!うねる朝の中で」特攻隊の出撃は午前9時、つまり朝。うねる朝とは歪み捻じ曲がった世界を指しているのではないでしょうか。Clash!は言うまでもないですね…
お気に入りの服に さぁ着替えたなら駆け出して!…戦闘服に着替え、戦闘機に搭乗するために駆け出す。
駆け抜けてよ時間切れまで生まれつきのスピード狂なのさ…時間切れ、つまり燃料切れ。戦闘機には帰りの分の燃料はなく行きの燃料しか積まれていなかったそう。そして自爆のための特攻はスピード命、ひたすら敵艦隊に向かっていくことを使命とする彼らは生まれつきのスピード狂ということ。

最期に特攻隊の心情の描写。

不思議なほどハイな気分さ…Driver's HighはRunner's High(マラソン等で長時間走り続けるとモルヒネ同様の脳内麻薬が分泌されて気分が高揚してくる作用)を文字ったhydeさんの造語。自爆に向かう特攻隊の彼らの脳内ではきっとアドレナリンずっと流して僕の方がオーバーヒートしそう、そんな心境だったのでしょう。そして高揚する余り笑みが込み上げてくる様子が爆発して灰になっても このままだと笑ってるね きっとと描写されています。ちなみに「High」と「ハイ」と「灰」を掛けていると思われます。
悲鳴をまじらせ暴走する鼓動…悲鳴まじりで上がる心拍数…自爆に向かう恐怖の中で上げる悲鳴だと思うと心痛です。あきれるほど声を上げても悲鳴の描写だと思われます。
最高のフィナーレを! Yeah!…その瞬間の心境
もう数えるくらいで僕らは消え失せて真暗な朝が来るね…朝については前述の通り。消え失せた僕らの眼前には無つまり真暗な視界しかない、あるいは爆発後に上がる黒い硝煙のことを指しているのかもしれません。
来世でまた会おう! Yeah!…仲間達への言葉か、あるいは家族・恋人への言葉か…

冒頭のエンジン音とDriver's Highというタイトルからスッカリ騙されますよね。
hydeさんあの明るい曲調にこの悲しい物語を隠すとか…マジ天才すぎてコワイ…畏敬の余り震え上がります…
とかなんとか言ってますがhydeさん本人の口からこのことに関しては一切語られていませんのであしからず。

ジョンヒョンが果たして歌詞に込められた内容を理解しているか…と考えると絶対そこまで深読みしてないですね!靖国問題とかあるし…つまり彼はただただ楽しく歌っているだけです^▽^bbb

ジョンヒョンに「心中しよう」て誘われたり「来世でまた会おう」て約束されたり、これらの単語をジョンヒョンの口から聞けただけで…俺は僕は私は…
個人的に、家を出る瞬間「お気に入りの服にさぁ着がえたなら駆け出して」るしコンサート中「アドレナリンずっと流して」るし「爆発して灰になってもこのままだと笑ってるねきっと」な心境だし掛け声してる時とか「あきれるほど声を上げて大気圏を突破しようぜ」な心意気じゃね…?てシャイニペンに当て嵌めたりもしました^ρ^
ジョンヒョンの心境として捉えると「'‥'不思議なほどハイな気分さ」「'‥'僕の方がオーバーヒートしそう」「'‥'ぶっ飛ばして心中しよう さぁ手を伸ばして!」ってエエエエエエエエなんじゃこりゃ禿げる!!!てなったりも^ρ^ρ^HAIJIN

歌詞に秘められた事実を知った時私もそれなりに落ち込んだし、現に↑の考察しただけで気分沈んだのできっと今これを読んだシャウォルJの皆様もズーン…てなってるでしょうが、hydeさん・ジョンヒョンがノリノリで歌うように、ラルヲタがノリノリでジャンプするように、楽しく盛り上がりましょう!!!(と言っても既にお披露目の場はないけれど)
そして心の片隅で若くして国のために命を落とした青年に祈りを捧げ、国のためにと命をも懸けた強い覚悟に賞賛を送ってください。

私の今の夢はジョンヒョンに直接「ドラハイ良かったよ!」て伝えることです>///<
そのために秋のカムバで初のサイン会に行けたらな、て目論んでるんですが…
Σ言霊!言霊!サイン会に行ってジョンにいちラルヲタからの感謝を伝える!!色紙の宛名はネタに走る!!!
実現のためにがんばる…!(`・ω・´)ムンッ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごいです( ; ; )いや、もう本当BARBARAさんすごいです( ; ; )←語彙力のなさ
ジョンピョンがドラハイを歌ってから歌詞検索とかして考察に辿り着いたりもしたんですがBARBARAさんの考察が一番わかりやすいと思いました!
そして、ジョンピョンの考察についてもSWを思い出して1人でにやにやする始末でした/(^o^)\
ラルクって歌詞が深いものばかりで、そういう考察を見るのが好きな私としてはBARBARAさんに頂いたCDのセトリ(?)の歌詞をノートに書き出しては眺めています\(^o^)/←根っからのヲタ気質

長くなってしまいましたがBARBARAさんの考察を見ることができて良かったです\(^o^)/ジョンピョンにもラルクさんにも感謝\(^o^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

田中(仮名) さんへ

わー!
コメントの中で何よりも食いつかせて頂きますが、歌詞を書き出してニヤニヤしてくださってることに感激です!
metropolisとか是非考察を深めまくってください!(お\(^O^)/ま)
what is loveは夕暮れの浜辺で隣り合うオンテムしか浮かばないッス…hydeさんパネェっす…(違)
今回ドラハイ歌詞考察に取り組むにあたりYou Tubeで特攻隊からの手紙という動画を見たりしてですね…自分を究極に追い込んで書きました…(鬱)
ドラハイを歌ってくれたジョンヒョンに感謝!
コメントをくださった田中(仮名)さんに感謝!!
プロフィール

BARBARA

Author:BARBARA
SHINeeに絶対の愛を、yukihiro(acid android/L'Arc~en~ciel)には永遠の愛を、ウーパールーパーのチャンドルには無償の愛を。
(⌒▽⌒)(δvδ)(ㅎㅅㅎ)(ㅍ▽ㅍ)(`ヮ´)
(*゚ー゚)(∂∀6)(・ω・)(冫、)
++(・ー・)++

※当ブログの掲載データの肖像権・著作権は全て各著作権元に帰属し、権利を侵害するものではありません。
※写真の出処は写真内に記載。
※一部記事には鍵をつけさせて頂いています。

Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。